わたしのおすすめ本

わたしのおすすめ本 62

わたしのおすすめ本 by 江口豊


緒あしす(犯罪被害者自助グループ)「緒あしす手記集『いのちかなでる』」 製本:立花書房 定価1,400円


早朝に車を走らせると、涼しげな風を受けて、ちょっぴりドライブ気分にもさせられる今日この頃です。
目的地について5階の窓から外を眺めていると、忙しそうな足取りで裁判所の門をくぐる6人の女性の姿が見られ、加害者側か被害者側か、または中に立つ支援者のことを想定します。私の心中では、被害者にも加害者にもしたくない。いや、それが私の願いではないでしょうか。
この本では、被害に遭った本人は勿論のこと、遺族の人たちの悲しく空しい心の心境が、犯罪被害者側の声となって聞こえてきます。中には小さな声で、「なぜ被害者より加害者を助けるのか」といった声もあります。
年齢や職業、立場を離れ、裸になった一人の人間として、この本を読んでもらいたいと思います。私たち会員からこの本の読書を呼びかけて、お互いが認識を新にするのに相応しいおすすめ本です。
「本当に気の毒です」「このことは、穴谷って大変つらいことだと思います」「どんな気持ちでいるのか話してください」「なにかをする気力がなくて、当然ですよ」など。カウンセラーの一人として、このような言葉が思い出されます。


編集者から
犯罪被害者の自助グループ「緒あしす(オアシス)」のことは、「『緒あしす』は2000年9月に犯罪被害者のみなさん自らがたちあげた自助グループです」で、愛知県を中心に活動しているようです。「緒あしす手記集『いのちかなでる』」はアマゾンのようなインターネットの書店では扱っていないようですので、以下の連絡先に直接連絡を取る必要がありそうです。「緒あしす」の会報に掲載されているグループの紹介や連絡先を転載します。
○殺人事件の遺族のためのグループです。
○毎月第4土曜日の午後に開催します。 場所は参加者の人数等で変わります。(お休みする時もあります。)
○会費として開催ごとの場所代・お茶お菓子代などを集めます。
○毎回強制ではなく、来たい時のみの自由参加です。事前に、日時・場所の確認、参加希望の連絡をお願い致します。
○泣いてもいいです。怒ってもいいです。誰にも遠慮は要りません。聞かせてください、あなたとあなたの大切な人のことを。どうぞ何度でも安心してあなたの心の内を話して下さい。
○体験や希望を分かち合い、現実にどのように対処すれば良いかを考えていきます。
○司法行政など各方面に関しての勉強会や情報交換の場となるようにも考えています。
○被害者支援に携わっていて下さる各々の分野の専門家をお招きしてお話を伺ったり、ご紹介をしたり幅広いネットワーク作りを目指します。
○グループに参加して知り得た個人情報は守秘を義務とし、プライバシーの保護には十分留意致します。
<ご連絡・お問い合わせ先>
・「緒あしす」 〒460-8799 名古屋中郵便局留「緒あしす」宛 FAX (052)231-8696
・支援団体「被害者サポートセンターあいち」事務局 TEL (052)523-7676
Eメールsodan@higai7830.or.jp Web http://www.higai7830.or.jp/