わたしのおすすめ本

わたしのおすすめ本 54

わたしのおすすめ本 by 菊池美保子


ターシャ・テューダー「思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉」メディアファクトリー、2002年、¥1,600
ターシャは今年で92才になる。アメリカ生まれの絵本作家と知られ現在もアメリカバーモント州の山奥でナチュラルライフを送っている素敵なおばあちゃん。
9歳の時の両親の離婚。父の友人宅に預けられ学校を退学しながらも自分のやりたいことを次々とこなす。
結婚、子育て、離婚と波乱万丈の生活の中でもまさに晴耕雨読の日々。自給自足の生活をしている。生活のために絵を描き、わが子のために絵本をかき、生活の中にいつも楽しみを見出すターシャ。この本は手作りの庭の中での美しい花々に囲まれたおだやかなターシャおばあちゃんのカラー写真を集め、この中にターシャの思いがつづられています。
たくさんのターシャの本の中から選んだのは、私も好きなソローの言葉でしめくくってあったからです。「夢に向かって自信を持って進み、思い描いた人生を生きようと努力するなら思わぬ成功を手にするだろう。」この言葉はわたしの人生そのものです・・・・と。
この本は、生きる力を与えてくれ、楽しく過ごす術を教えてくれます。ターシャの写真集や絵本は私たちの心を癒してくれます。

思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉 (ターシャ・テューダーの言葉) 思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉 (ターシャ・テューダーの言葉)
ターシャ テューダー Tasha Tudor Richard W. Brown

メディアファクトリー 2002-10
売り上げランキング : 14094
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

池田佳世「新『困った子』ほどすばらしい―ベテラン・ママさんカウンセラーとっておきの+50の知恵 親子がうまくいく」ハート出版、2007年、¥1,500

私が〝おすすめの本〟の原稿を書いたあと知人からプレゼントされた本です。
「不登校から ひきこもり? ニート?」視覚障害の両親を持つ息子は母親のリクエストで東京で開催された〝ひきこもりの会〟に母親を連れて行ったという。
その時、講演をされた池田佳世先生の本を「私は読めないので、よかったら読んでください」と私に届けて下さったのです。
この本は5人のママさんカウンセラーの実践報告をまとめています。「引きこもり」「反発」「無視」する子に親はどう対応したらいいのか?
子どもの暴力にどう対応するのか?不幸な事件が多発する現代。誰もが無縁ではない。
人間関係の根幹である家族関係を見直し、再出発できる本。子の沈黙を『快話』に変えるテクニックが書かれています。発行は、平成19年10月31日出来立ての本です。

新「困った子」ほどすばらしい―ベテラン・ママさんカウンセラーとっておきの+50の知恵 親子がうまくいく〈簡単〉 新「困った子」ほどすばらしい―ベテラン・ママさんカウンセラーとっておきの+50の知恵 親子がうまくいく〈簡単〉
池田 佳世

ハート出版 2007-10
売り上げランキング : 149814
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

by G-Tools