私とカウンセリング

私とカウンセリング(37)by 弓塲隆子

 小学校教師となって30年目(5校目)6年生担任を任されていた。
いろいろなことがあり、はじめて教師をやめようと真剣に考えた。其の時、当時の教頭先生が、私の学級経営を信じてくださり、支援してくださった。
 これがカウンセリングとの出会いである。きつい1年であったが、教頭先生の未熟な私への深い理解のお陰で乗り切ることができた。
 次の勤務校の時、カウンセリングに関する研修を受講した。共感的理解の実習であったろうかアイマスクをして階段をのぼりおりしたことを覚えている。
 それから転機が訪れ、教頭になった。教頭という立場で、世代や考え方の違う職員と仕事を進めることも心労の連続であった。私を助けてくださった教頭先生のことを念頭において職員指導に心掛けたが、行動の変容をめざしたカウンセリング指導への道は遠かった。先生方の力になることも出来ず退職を迎えた。
 SCとして2年目である。日々傾聴の毎日である。クライエントにしっかり向き合うために、確固たるバックボーンがほしい。清原教室に入らせていただけた幸運に感謝し、清原ロジックを少しでも習得したいと願っている。清原教室の皆様、若者と思って(難しい要求でごめんなさい)厳しくご指導ください。