私とカウンセリング

私とカウンセリング 118

私とカウンセリング by 本村栄人

 

中学校に38年間在籍し、昨年の3月に退職しました。時が経つのは早いので、あっという間に1年が過ぎました。退職してからは、実家でミカンづくりの手伝いをしたり、週3回趣味であり生きがいでもある剣道の稽古に励んでおりました。そんな折、森永先生からご連絡をいただき、今回研究会に入会することになりました。

私は、吉野に住んでいますので、場所的にも恵まれておりますし、お誘いいただいたことを大変嬉しく思います。

カウンセリングに関しては、以前からとても興味を持ちまた、その必要性も感じておりました。自分自身の教師人生を振り返ってみると、ただただ反省ばかりが脳裏を駆け巡ります。今後さらに自分を高めたいという意味でも、最も身につけたいことの一つです。

学校教育現場においては様々な課題が浮き彫りになっているようですが、今後の指導法の在り方については、とても気になるところです。その中でカウンセリングは、今まさに、社会から要請されているものであると思っています。

やはり、長年教育に携わってきた為、これからも人の役に立つ生き方を選びたいと思います。その為にも、カウンセリングのノウハウを身に付けたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Kagoshima