私とカウンセリング

私とカウンセリング 117

私とカウンセリング by 永田美穂子

今年から研究会の仲間に入れていただきました永田です。先月は少し緊張しましたがとても充実したひとときでした。これからが楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします。

先日、久しぶりに市立美術館へ出かけました。二十年程前に出合った本の中に治癒力を高めるひとつに美術館へ出かけるというのがありそれからは自分では描きませんが鑑賞するのは好きだったので意識して出かけるようになりました。

その日も2階の常設展をゆっくり眺めていると作者のエネルギーが伝わってくるようで元気になっていく自分を感じました。

同じフロアでさつま町出身の文化勲章を受章した彫金作家、帖佐美行さんを偲ぶ企画展「没後10年帖佐美行の用と美」を開催中でした。彫金には冷たいイメージがあり、あまり興味はありませんでしたが、覘いてみることにしたのです。するとそこには生命の誕生などをモチーフにした作品や語録が紹介されており、やさしく愛に溢れた世界が広がっていました。帖佐さんの自然への強い愛情と畏怖が伝わってきて、温かい気持ちになり癒されていくのを感じました。帖佐さんとの出会いは私にとって大きな感動、喜びとなり、後日再び美術館を訪れたのでした。

数日後に参加したあるセミナーの講話の中に、リュウマチを患い三十代で女優を引退した方の話がでてきました。薬が効かず辛くて主治医の先生に相談しても「これでいい」と言われ不信感が募り病院を替えたら今度の先生は違った・・・・・・それまでのことを噴出すようにしゃべったら、じっと一言も発さず聴いてくれて自然に涙が溢れてきたそうです。

しばらくして「きつかったですね」「お薬をかえましょう」と言われその後痛みは止まり歩けるようになったということでした。

今年に入ってもう一ヶ月経ちましたが、この間の幾つかの出合いにカウンセラーとして人間として学ぶもの大でした。これからもたくさんの出会い、出合いを通して成長してゆけたらと思っています。

あなたの知らないところに

いろいろな人生がある

あなたの人生が

かけがえのないように

あなたの知らない人生も

また かけがえがない

人を愛するということは

知らない人生を知るということだ          灰谷健次郎