わたしのおすすめ本

わたしのおすすめ本(44)by 福﨑英子

河合隼雄「とりかへばや、男と女」新潮社 1991 ¥1500(+税)
 河合さんの本なので心理的なことが描かれているのかと手に取ってみたところ、映画や物語を素材としている。中でも映画好きの私はつい最近『十二夜』を観たばかりで女性が女性(男装した)を口説くシーンなど楽しめるものだが性差、ジェンダー、秩序の枠組みを破って心の深みを追求したものである。男女の境界を超えるものを追求していて、なにかしら面白い本でもあった。

とりかへばや、男と女
とりかへばや、男と女 河合 隼雄

新潮社 1994-03
売り上げランキング : 396890

おすすめ平均 star
starエグイ古典文学に対するユング的心理解釈
starとりかえたい!
star臨床心理学者必読書

Amazonで詳しく見る

by G-Tools